南インドの楽園ハンピを目指して ⑤インドの列車について紹介します

今回の旅ではAC2という等級の座席を利用しています。

細かい等級については外部サイトを参照してください。

http://www.yokosoindia.com/#!about2/c12m9

インドは物価が安い国なので夜行列車の料金も当然安いです。

バンガロールからビジャープルまでの移動がAC2の座席で1553ルピーでした。

移動距離が約600㎞ありますので、日本でいうと東京から岡山辺りまででしょうか。

ちなみバンガロールからハンピがあるホスペットまでの移動はAC2の座席で1029ルピーです。

夜行列車ってわくわくする。

DSC_2971

夜行列車って情緒があっていいですよね。

人との出会いもありますし、窓からの景色もきれいです。

DSC_2998

車両の扉は自由に開けられるようになっていることが多く、そこから外の景色を楽しめます。

写真を撮るのに夢中になりすぎて転落しないように気をつけてください(´・ω・)

DSC_2977

朝目覚めると朝日が顔を出しています。

DSC_2996

流れていく景色と刻一刻と変化する空。

飽きることなく眺めていられます。

DSC_3009 DSC_3007

インドの電車は旅してるなって気分にさせてくれます。

DSC_3013

トイレはこんな感じで排泄物は直接線路に落ちます。

DSC_3165

うちの子を撮ってちょうだいとお母さんに頼まれました。

DSC_3181

景色の写真を撮っていると『あなたはフォトグラファーなの?』と声をかけてきました。

DSC_3182

この子はインドでモデルの仕事をしているそうです。

確かに美しい…(`・ω・´)

 

DSC_3153

駅に貼ってある注意書き。

一番右はやる人いるのか?

スポンサードリンク

/td>

Twitter でフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください