カメラバッグ MindShiftGEAR(マインドシフトギア) ファーストライト レビュー

新しく広角ズームレンズを購入したため撮影機材の重量だけで5㎏を超えるようになりました。

管理人takayukiのカメラ機材

旅行では3本のレンズ全てを持ち歩きたいのです。

しかし、今使用しているバックパックでは機材が入り切りません。

そこでついにカメラバッグを導入することになりました!

僕がカメラバッグに求めた条件

①スタイリッシュなデザイン

カメラバッグ全般がごつくてデザインが洗練されていないものが多いように思います。これは完全に僕の主観なので無視してください(´・ω・`)

②ウエストベルト

カメラ機材+その他荷物を詰め込むと10㎏を超える可能性があります。ウエストベルトがあれば身体の負担を軽減できます。

③機内持ち込み可能なサイズ

預け荷物は投げられる危険性もありますので、カメラとレンズは機内に持ち込みたいです。あとはロストバゲッジが怖い…。

④ノートPCが収納できるもの

ノートPC、タブレット端末、雑誌などが収納できるスペースが欲しいです。

⑤ハイドレーション機能

山登り、トレッキング用にあると便利です。

⑥三脚が収納できる

使いたい時にさっと出せる状態で三脚が収納できるのは便利ですね。

そんなわがままな条件をかなえてくれたカメラバッグがこれです!

MindShiftGEAR ファーストライト

とにかく多機能なので紹介する写真が大量になってしまいました。

ファーストライトのシリーズは20L,30L,40Lのサイズがあり僕が選んだのは中間の30Lのモデルです。

R0011821

手前のポケットには小物が入ります。

手前から二つ目のポケットに15インチまでのノートPCが収納できます。

R0011822

側面にハイドレーション用のポケットが用意されています(20Lのモデルにはありません)。

R0011824

三脚などを収納できるようにストラップが用意されています。

バッグを移動させるときに上面と側面についている持ち手が地味に役に立ちます。

R0011825

背面は通気性を考慮した設計になっています。

ショルダーベルトの起始部を伸ばしたり縮めたり調整することができるため、他のストラップと合わせればフィット感を極限まで高めることが可能です。

R0011844

バッグの底にはゴムひもが出ていていろいろと挟めそうです。

R0011816

ショルダーベルトは厚みがあり、大きな荷重がかかっても圧力を分散させることができます。

R0011827

三脚をストラップで固定してみました。

R0011839

ストラップはロックがかかるようになっています。

この価格帯のカメラバッグになると細かいところまで抜かりがありませんね。

R0011830

上面と下面のポケットから三脚を収納するためのストラップとポケットを出したところです。

R0011832

このようにして三脚を収納することもできます。

R0011833

上面の背中側のポケットです。スマホがぴったりと入ります。

中にカギを引っかけるフックがついているので、カメラバッグの鍵を管理するときに役に立ちます。

R0011820

メインポケットです。

仕切りは全てマジックテープで調整できるようになっています。

メインポケットのファスナーには南京錠がつけられるようになっているため機材の盗難対策ができます。

R0011779

中に収納の一例が書いた紙が入っていました。

これを見てレンズを買いたくなる病気が再発しかけました。

カメラバッグにはカメラとレンズしか入れてはいけないような気持になりますがそんなことはありません。

カメラバッグ一つで泊まりに出かけるのなら、この中にパンツでも何でも入れたらいいのです(`・ω・´)

R0011818

カメラとレンズを入れてみました。

まだまだ余裕があります。70-200mm f/4は横にしなければ入りませんでした。

ここには予備の電池パックなどの小物類が入ります。

メッシュポケットになっているため一目で中身がわかります。

R0011834

付属のレインカバーです。袋とレインカバーは一体型になっています。

R0011836

三脚があってもカバーがかかるように大きめになっています。

R0011835

レインカバーをかけた背面の部分です。

R0011837

伸縮性のない布のひもで締めあげます。

普段使っているグレゴリーのレインカバーはゴム製のひもだったので最初は違和感がありましたが、慣れたらこちらのカバーのほうがしっかりと閉まって外れにくいため使いやすいと思いました。

カメラバッグを買ってよかったと思うこと

今までの旅はマスターピースのバックパックとイーグルクリークのソフトキャリーケースを使っていました。

旅行のキャリーバッグは何にしますか?僕はイーグルクリークのECリンクシステムにしました!

2016.07.24

マスターピースのバックパックの容量は20L前後です。

マスターピースのバックパックはとても良い作りのものですが、重い機材を運ぶことを想定して作られたものではありません。

冒頭でも書いたように持っていく荷物の容量と重力が増えたので、身体にフィットさせることができるカメラバッグの存在はとてもありがたいです。

カメラバッグは堅牢性に優れているため機材を入れていて安心感があることも大きなポイントです。

高い買い物でしたがそれ以上に満足感を得られました!

このカメラバッグで旅するのが楽しみです(^^)


スポンサードリンク

/td>

Twitter でフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください