ユーコ(UCO) キャンドルランタンがとても良い雰囲気を出している件。

リアルな炎が持つ魅力とは

R0150206

僕はたまにキャンプへ行く機会があるのですが、そこでのランタンやたき火の明かりが好きなのです。

炎は1/fゆらぎ (エフぶんのいちゆらぎ)という性質を持っていて、それが人を癒してくれるのだと思います。

1/fゆらぎ は、心拍の間隔や、ろうそくの炎の揺れ方、電車の揺れ、小川のせせらぐ音、目の動き方、木漏れ日、物性的には金属の抵抗、ネットワーク情報流、蛍の光り方などが持つ性質だそうです。

規則的なゆらぎに不規則なゆらぎが少し加わったもののことを言い、それが交感神経の働きを抑制してリラックス効果を与えてくれるようです。

キャンプで食事が終わってからたき火を囲むのですが、その時のリラックス効果といったら半端ないもので気付いたら寝落ちしているという現象も起きます(笑)

それには1/fゆらぎという現象が作用していたようです。

加えて満腹感とアルコールが相乗効果になっていることは言うまでもありませんが…。

キャンプで好きな炎の明かり、1/fゆらぎの癒し効果を生活の中に取り入れてみようということでキャンドルランタンを導入してみました!

R0150212

UCOのキャンドルランタンとは

R0011919

UCO(ユーコ)はアメリカのワシントン州で1973 年に生まれたインダストリアル・レボリューション社のブランドです。

UCOと言えばキャンドルランタンと言われるほどに定番となった商品で、雑誌などでも紹介されることが多いです。

キャンドルランタンの魅力は炎の揺らめきとあたたかな色味にあり、LEDや白熱球や蛍光灯などには表現できないリアルな火のあたたかみを持っています。

商品の概要

R0011921

キャンドルの部分が収納された状態で箱の中に入っています。

つりさげる用のハンガーと鎖がついています。

ブラスの質感がとても良いです!

シンプルで飽きが来ないデザインで、長く使っていける道具であることを確信しました(`・ω・´)

R0011922

ランタンの上部をもって上の方に引き出すとカシャっとキャンドルの部分が出てきます。

ホヤの部分はガラスでできているため、強い衝撃が加わったり落下すると割れてしまう危険性があるため注意が必要です。

R0011926

底面の黒いキャップをひねれば簡単に分解することが可能です。

キャンドルの底には強めのスプリングが装着されていて、ろうそくが短くなると自然に押し上げてくれる仕組みになっています。

そしてキャンドルの入ったブラスの横に穴が空いており、そこからキャンドルの残量を確認することが可能です。

シンプルな作りですが非常によく考えて作られていて感心しました!

R0011924

交換用のキャンドルも同時に購入しました。

キャンドルは2種類あって写真のノーマルタイプか、青色で虫よけ成分のシトロネラが入ったものがあります。

自宅で普通に使用する場合はノーマルタイプのキャンドルですが、キャンプなどのアウトドアで使用するなら虫よけのキャンドルにします。

R0011928

キャンドル一本で約9時間持つようです。

実際の活用方法

R0011933

このキャンドルランタンの光量は弱く、書き物をするのはかなり厳しいです。

ランタンとノートの組み合わせがかっこよかったので、Rightroomを使って写真の印象を少し変えて遊んでみました。

ランタンとビンテージの小物なんか味のある写真になるかもしれませんね。

就寝前のストレッチで使用する

僕の使用方法としては部屋の明かりをキャンドルだけにしてストレッチを行います。

部屋が暗くなることで視覚的な刺激が制限されて脳が大量の視覚情報を処理しなくて良いため、自分の身体感覚や思考に敏感になります。そのためこのキャンドルの明かりの中で音楽を聴いたりするのはとても良いと思います。

蛍光灯やLEDをはじめとする青白い光で部屋の隅々まで照らされている環境は、人間にとってかなり刺激のある空間になっています。日中で何か作業する環境ならそれで良いのですが、これから就寝へ向かうという時には明かりが強すぎると思います。

アロマデュフューザーとして使用する

R0011948 R0011951

UCOキャンドルランタンの上部はとても熱くなります。

間違って触ってしまいアチッ!となったことが一度あります。

ランタンの上部に皿を乗せればアロマディフューザーになるということをその時に思いつきました。

無印良品で見つけた白い小さな皿はすぐに水が無くなってしまったため使えませんでした(ランタンの右側の白い皿)。

現在は使っていない醤油皿に水を張ってその上にアロマオイルを垂らして使用していますが、もう少しスタイリッシュな小皿を探し中です。

皿の水は沸騰することはありませんが湯気が出るくらい熱くなりますので、香りの拡散能力はキャンドルタイプのアロマディフューザーと変わりないと思います。

ある程度水が溜められた方がオイルが焦げ付かないでいいように思います。

部屋の明かりをキャンドルランタンだけにして、1/fゆらぎの炎を見ながらアロマオイルをたくことでかなりのリラックス効果を得られます。

まとめ

UCOのキャンドルランタンは一石二鳥以上だった。

UCOのキャンドルランタンはアウトドア・インドア兼用虫よけアロマディフューザーにもなり、炎が持つ1/fゆらぎのリラックス効果も得られます。

使用しないときはコンパクトにたためるというのもポイントですね。

UCOのキャンドルランタン、おすすめです!



スポンサードリンク

/td>

Twitter でフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください