パソコンで高音質な音楽を再生するために知っておくべき知識

今の時代多くの方がスマホやパソコンで音楽を楽しまれている方が多いのではないでしょうか。

今回はパソコンから音が出る仕組みと高音質化への道のりを解説してみたいと思います。

パソコンやスマホに入っている音楽はデジタルデータ

パソコンの音楽データは、そのままでは音を出すことができません。

スマホの音楽データも同様に、そのままではスマホに内蔵されているスピーカーから音を出すことができないのです。

でも音楽プレイヤーの再生ボタンを押すと内蔵されているスピーカーがあれば音が出てきます。

音楽データのままでは音を出すことができないと先ほど述べましたが、なぜパソコンやスマホ単体で音が出せるのでしょうか。

デスクトップパソコンにはスピーカーがついていないので音は出ないと思います。ノートパソコンならスピーカーから音が出ますよね。

それはDAコンバーターという回路があるからです。

DAコンバーターとは、Dデジタル信号を、Aアナログデータに変換してくれる回路のことを言います。

パソコンやスマホにはDAコンバーターが内蔵されている

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%891

パソコンに直接スピーカーのステレオ端子を入れたり、内蔵されているスピーカーがあればそこから音を出すことが可能です。

それはパソコンの中にDAコンバーターとプリアンプが内蔵されているためスピーカーから音を出すことができるのです。

上の図は間違いではないのですがパソコンから音が出るまでの経路を正確に表現すると下の図のようになります。

dac

パソコンに保存されている音楽のデジタルデータはDAコンバーターによりアナログデータに変換されます。

このままの信号では出力が小さいためプリアンプで音を増幅します。

そうすることで初めてスピーカーから音が出力されるのです。

内蔵されているDAコンバーター、プリアンプ、スピーカーの品質は期待できない

高品質なパーツを使用するほどそのコストを販売価格に上乗せしなければなりません。

パソコンで高音質なオーディオを楽しみたいと思っているユーザーだけではないので、メーカー側からすればここはコストをかけるべき部分ではありません。

乗用車にレース用のエンジンを積まないように、パソコンのパーツも必要最低限の機能を持たせているだけと考えて良いと思います。

とりあえず走れるように(音が出るように)してあるから早く走らせたい(高音質にしたい)人は勝手にカスタマイズしてねというのがメーカーの基本的な姿勢です。

その方が後からパーツを自由に選択できるのでこだわりを持つユーザーにとっても良いですよね。

一体型のアクティブスピーカーも同じ傾向にある

スピーカーにスイッチがあるアクティブスピーカーで音楽を楽しまれている方も多いと思います。

最近はBluetoothが出てきてワイヤレス化が進んできてますね。

スピーカー内で音を増幅するということはその中にプリアンプが内蔵されています。

アクティブスピーカーにデジタル入力端子が装備されていれば、DAコンバーターも内蔵されているということです。

音楽を良い音質で聴くために購入するユーザーが多いためパソコンに付属しているパーツよりは良いと思われますが、ふとしたきっかけで満足できなくなる可能性をはらんでいます。

カメラでいうとミドルクラスのコンデジといったところでしょうか。

やはりレンズを交換したくなる時が来るのです(笑)

SONY RX1 からNIKON D750に買い替えた理由。

2016.07.03

スピーカーという限られたスペースの中にパーツを組み込んであるためスピーカーの音質に悪い影響を与えやすいです。

また価格的にパーツへコストをかけられないため、こだわりの高音質で音楽を楽しみたいユーザーはバラバラに買いそろえる傾向にあります。

まずはデジタルデータをきれいにするという意識から

 

 

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%892

DAコンバーター、プリアンプ、スピーカーをある程度の品質のものへ変更すると驚くほど音質が改善されるのに気づくと思います。

これらの全て揃えたほうが幸せになれると思うのですが、まずはデジタルデータを高品質なアナログデータに変換するところからはじめるのが良いのではないかと思います。

パソコン内でデジタルデータを処理させずに、USB経由で外にデジタルデータを持ってきて外付けのDAコンバーターで高品質なアナログデータに変換します。

DAコンバーターにも種類がいろいろあって、プリアンプ内蔵のものやヘッドホンアンプ内蔵のものがあります。

 DAコンバーターはUSB DACと表現されることもあります。

DACのCはコンバーターの略ですから同じもののことです。

おススメの機種はヘッドフォンアンプが内蔵された機種で、これなら一気にプリアンプ、スピーカーを買いそろえないでもヘッドホンで音楽を楽しめます。

パソコンのステレオ端子にヘッドフォンを接続していたのであれば、ヘッドフォンアンプ内蔵のDAコンバーターを通した音楽の情報量の多さに驚くと思います。

DAコンバーターの機能だけで他は何もないという潔い機種もあります。

これは音楽制作用でUSBインターフェイスを兼ねています。

禁断の領域へ…

dsc_0816

お気づきですか?

このDAコンバータを購入しただけではスピーカーから音を出すことができません。

ヘッドフォンアンプがついていてもヘッドフォンがなければ音楽を楽しむことができないのです。

DAコンバーターを購入したらアンプとスピーカーも買わなければなりません。

ニコンのレンズ交換式一眼レフを手にした時はレンズや周辺機材を次々と買っていきました。

オーディオの世界もそういう危険性をはらんでいます。

しかし、こうやってバラバラのシステムを組んでおくことで機材を個別にアップグレードすることができるのです。

新生活5点セットの家電に満足できなくなるのも、レンズ一体型のカメラに満足できなくなるのも、一体型のオーディオに満足できなくなるのも、パッケージ旅行に満足できなくなるのもすべて同じ理由なのかもしれません(笑)

セットメニューが悪いと言っているわけではないですが、こだわりのある分野であればバラバラにそろえていくのが最終的な満足や幸福にたどり着きやすいと思います。

全部入りのアクティブスピーカーが気に入らないとすれば、そのすべてを交換しなければなりません。

音楽が好き、楽器をやっていたという人であればDAコンバーター、プリアンプ、スピーカーをバラバラにそろえていった方が幸せになれると思います。

自宅オーディオシステムの紹介

2016.12.03

スポンサードリンク

/td>

Twitter でフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください