エッラロックまでのトレッキングコースを歩いてみた

前回はティッサマハーラーマから北上してウェッラワーヤにあるブドゥルワーガラの遺跡を見学しました。

ウェッラワーヤのジャングルの中にある遺跡ブドゥルワーガラ

2017.01.13

ウェッラワーヤからバスで急な林道を登っていくと、エッラという静かな峠の村に着きました。

TATA自動車の旧式のバスで、エッラのぐねぐねした急な坂道を時速20kmくらいのスピードでゆっくりと上っていきます。

この村にはエッラロックという有名な展望スポットがあって、そこまでの道がトレッキングコースになっています。

エッラロックからの絶景、豊かな自然、人々の生活が見られたことが良かったので片道2時間かけて歩いてい行く価値は十分にあったと思いました。

後半はかなりキツイ傾斜を登りますがそれまでの道は平坦なので、こども連れで来ている欧米人の家族も見かけました。

テキトーな表現で申し訳ないですが、たぶん高尾山が登れれば大丈夫だと思います(笑)

■高尾山■ 小仏峠から望む東京の朝焼け

2017.01.03

2016年 秋の高尾山周辺を何回か撮影しに行った話

2016.12.22

エッラロックまでの道のり

最初はエッラの駅から線路沿いに歩いていきます。

この写真の反対側に向かって進みます。

線路の上を歩いていくのは屋久島の縄文杉を見に行った時以来で、何だかその時のことを思い出しました。

時々電車が通過しますが道の端に逃げ込めるくらいの幅があるので大丈夫です。

1時間ほど歩くとちょっとした売店が見えるので、そこからは線路沿いではなく山の方に向かって歩いていきます。

地元の人々にエッラロックの方向を聞けば答えてくれますし、売店の人々はエッラロックまでのガイドもやっています。

途中からは茂みの中を進むのでかなりわかりにくいですが、MAPS MEにトレッキングコースが出ているのでガイドなしで歩くことが可能だと思います。

まさかこんな道がMAPS MEに載っていると思わなかったので、僕はガイドを雇ってしまいましたが…(;´・ω・)

ガイド料は往復で800Rs(スリランカルピー)くらいだった気がします。

オフラインで使える地図MAPS.MEの偉大さを海外へ出るたびに思い知る!

2017.01.09

MAPS MEの力は偉大なのでした。

売店からエッラロックまで1時間ほどかかります。

線路沿いは平たんな道でしたがなかなか傾斜がある坂を上っていきます。

最初の方は放置された茶畑の中を進み、徐々に森林の中へ入っていきます。

エッラの奥の方の森は山火事になることが多いらしく、このように炎で焦がされた木々をたくさん見かけました。

途中にある展望スポットから見える風景もまたとてもきれいでした。

ちなみにエッラロックは右上の山の方です。

地元の人々の生活が垣間見れる味のあるトレッキングコース

このトレッキングコースでよかったのは、エッラの人々のゆるりとした日常生活が垣間見れたことです。

電車は数時間に一本しか来ないので車道に面した歩道よりも安全に歩くことができます。

犬だってこのように線路の上を器用に歩いていきます。

朝早く仕事に向かうお父さんの背中。

あるいは少し前に流行ったエクストリーム出社なのか…。

線路沿いには民家や畑が点在していて、そこで飼われている牛が近くに繋がれていたりします。

段々畑をぐるっと取り囲むように線路が敷かれています。

畑では耕運機を使って土を耕す作業をしているところでした。

土を耕すときに出てきた虫を食べるために鳥が近くをうろうろしていました。

線路沿いを歩いてきた家族が、山奥の村の線路を歩いて通学する非日常的な感じが良かったので写真を撮らせてもらいました。

これは午後に撮影したものなので学校帰りなのかな。

コカ・コーラのケースを運ぶ男性。

たまに電車が通りますのでお気を付けください。

エッラロックからの絶景

前置きが長くなりましたが、いよいよエッラロックの紹介です。どーん!

曇っているとあまり伝わらないかな…。

友人にこの写真を見せたら『なにこれ、日本のどこなの?』と言われてしまいました(笑)

ただ実際にここへ行ってみると間違いなく感動できると思います!

足がすくむほど迫力がある絶景でした!

山頂は観光客でにぎわっていました。

水やミルクティーを売っている人がいましたがきっと山頂価格でしょう(笑)

スリランカの観光客層は欧米人の家族連れとカップルが多い印象です。

スリランカのエッラという村に来たら、人々の生活が垣間見えるこのトレッキングコースをぜひ歩いてみてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA