週末の節約旅行 〜金沢編の概要〜

前回は節約旅行の構想について書きました。

週末節約旅行の構想とシリーズ化について

2017.05.27

その構想の一部を今回は実際にやって見たので記事にしてみようと思います。

僕の仕事は土日が休みのことが多いのですが、今回は平日の金曜日に有給を挟んで3連休にしました。

そのため木曜の仕事終わりから夜行バスで移動することができました。

移動費と宿泊費

東京と金沢の往復は以下のような感じです。

木曜夜発 新宿バスタ→金曜朝着 金沢駅 2700円

土曜夜発 金沢駅→日曜朝着 新宿バスタ 4500円

金・土・日発の夜行バスの料金は平日と比較すると2倍くらいの値段になっています。

まあ月・火・水・木曜日発の夜行バスが異常に安いだけで、金土日発の夜行バスが本来の適正価格なのではないかと思いますが…。

学生さんなどの平日に3連休が取れる方であれば、夜行バスの移動コストはさらに安くなりますね。

宿泊費は金沢駅周辺のドミトリーに宿泊したので一泊2000円です。

金曜日の朝に金沢に到着して土曜日の夜に帰るので、約2日間を金沢で過ごすことができます。

土曜日も宿泊して日曜日に新幹線や飛行機で帰れば現地での滞在時間を長くできますが、ここは予算との相談なので今回は往復夜行バスを利用しました。

食費や観光に必要な費用は予算に合わせて増減させれば良いので、今回の旅行の移動と宿泊で最低限必要な費用は9200円です。

金沢は東京から夜行バスで行くには程よい距離で、金沢駅周辺に観光資源が集まっているので車がなくても観光しやすい都市なのではないかと思いました。

漁港も近いので新鮮な海の幸をいただけることも良いですね。

旅は思い通りにいかない

今回のテーマは継続的に行けるように節約を意識した旅だったのですが、せっかくの現地に来たのだからといって、海鮮丼を食べたり、あれやこれやとやっていたら割と散財していました。笑

金沢は1日目で主要な場所を見終えてしまったので、2日目は岐阜県の白川郷まで移動しました。

節約というテーマはあまり守れなかったのですが、旅と写真や人との出会いを楽しめたのでこれで良しとします!

思い返してみればバックパックスタイルでカメラを担いでの旅行はスリランカに行って以来の久しぶりのことでした。

スリランカ旅行 まとめ

2017.02.14

バックパックを担いで夜行バスに乗ってドミトリーに宿泊して外国人と一緒に過ごすと、バックパッカーの心が呼び覚まされます。笑

2〜3泊の旅行ならバックパック一つで十分

マインドシフトギアのファーストライト30LへNikon D750、大三元レンズ3本、マンフロットの三脚を入れて、残りの隙間に必要最低限の衣類やタオルなどをつめこんでいきます。

■カメラバッグ■ マインドシフトギアのファーストライトで撮影に出かけてみて思ったこと

2017.03.25

半分以上がカメラ関連の機材で、そのおかげでバックパックの重量は10Kgを軽く超えます。

一時期はiPhoneのカメラが綺麗なのでこれでもいいかなと思う時期もありましたが、一眼レフで写真を撮影して現像してみると、やっぱり一眼レフがしっくりくるなと改めて思いました。

今回の旅でも重たい一眼レフを担ぎながら旅する意味を感じられてので、旅はしばらくこのスタイルでやってみようかと思っています。

次は僕が実際に回った金沢の主要な観光地の写真を掲載していきたいと思います。

スポンサードリンク

/td>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.