アイルランド民謡 サリーガーデンを演奏してみた!

アイルランドに行きたい気持ちを込めて、Down by the Sally Gardensを演奏してみました。

アイルランドへは今月末に行く予定なのですが、向こうで何をして過ごすかはまだしっかりと決めていません^^;

Logic Pro Xの使い方のコツを少しずつ掴んできたので、前回のレコーディングより音質が良くなっていると思います。

前のミキシングをやり直したいなー…。

■使用機材
Mic:RODE NT5
USB interface:TASCAM UH-7000
Guitar:Lowden O-25
Camera:D750
Lens:24-70mm f2.8
Logic Pro X
iMovie

とても美しいメロディーの曲で人々に長く愛されている名曲のひとつと言っても良いと思います。

僕の演奏で使っているギターはLowdenというアイルランド製のギターなので、アイルランド民謡との相性がなかなか良いのではないかと思います。

ギターの材質がオーソドックスなギターの構成と違うのでクセのあるギターではありますが、高音の独特の揺らぎが気に入っています。

僕の演奏はギターのインストですが本来の歌はこんな感じです。

歌詞の内容は男女の恋です。

歌詞を超ざっくり説明をすると、柳の下で出会った男女の話で、女性からの好意に男性が気づかずに時は過ぎて、男性が後になって思い返してもう彼女は戻らないと後悔するという内容です。

僕が説明するとイマイチですがDown by the Sally Gardensは美しいメロディーと切なげな歌詞が哀愁を誘う名曲なので、歌詞に興味を持った方はぜひ調べてみてください。

今日はこの辺で失礼します。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA