僕がアイルランドを旅する理由

何だかあっという間に日々が過ぎ去って、ついに出発の数日前まできてしまいました。

毎度のことですが僕がこの国に行きたいと思った理由を少し書いてみたいと思います。

アイルランドは音楽が素晴らしい

僕はアイルランドという国の存在を知る前から、アイルランド民謡やアイルランドをルーツにするミュージシャンの音楽が好きでした。

伝統的なスタイルのアイリッシュバンドではアルタンやチーフタンズを良く聴きますし、シンガーソングライターではヴァン・モリソンやエルヴィス・コステロが大好きなのです(エルヴィス・コステロはフジロックまで見に行きました!)。

アイルランドをルーツに持つミュージシャンをあげていけば本当にキリがないのですが、ビートルズのポール・マッカートニー、ジョン・レノン、ジョージ・ハリスンもアイリッシュをルーツに持っていると言われています。

最近ハマっているエド・シーランの母親もアイリッシュ系で、彼の音楽の曲調やサウンドにアイルランドを感じさせる要素が散りばめられていますね。

なぜアイルランドから良質な文学や音楽作品が誕生するのかということは手元の情報で何となく理解できる部分もありますが、これは実際に行って見てアイルランドを体感しなければなと思いました。

今回の旅の目的の一つは、なぜアイルランドは多くの素晴らしいアーティストのルーツとなるのかという疑問を解消したり、それに関する何かを実際に体験することです。

アイルランドのパブや町並みや遺跡や自然、それらを実際に体験した中で感じる何かが、僕の好きなアーティストたちの何かと重なれば良いかなと思っています。

滋養のあるビールと音楽を浴びたい

アイルランドといえばギネスビールとアイリッシュパブ!

アイリッシュパブでは毎晩音楽が演奏されていて、それをギネスビールと一緒に楽しみます。

本場のアイリッシュミュージックが現地で聴けるのが楽しみです。

村上春樹の旅行記でアイルランドも少し取り上げられていましたね。

このスローでマニアックな感じの旅行記が好きで、掲載されているご本人が撮影した写真も味があって良いですね。

せっかくなので本場のシングルモルトウイスキーも飲みたいな…。

もちろん写真も撮ります

音楽の話ばっかりでしたがアイルランドの遺跡や自然豊かな場所にも行こうと思っているので、それなりに写真も撮ろうと思っています。

とりあえずD750と大三元レンズと三脚は持って行きます!

毎度のごとく細かな旅の行程はあまり決めていないので、帰国後に旅行記として写真をまとめていきたいと思いますので気長にお待ちください。

ではまた。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA