アイルランドまでの道のり

少し早めの夏休みをいただいてアイルランドを旅行してきました!

一週間くらいの休みを取ると帰り際に自分が何して働いていた人か忘れかけて社会復帰するのが億劫になるのですが、こうしてアイルランドの旅行記を描き始めたということはどうやら無事に働いているということらしいです。

夏休みはヨーロッパ方面、年末年始や冬は東南アジア方面という旅行のサイクルが定着しつつあって、このサイクルも4年目になりました。

ヨーロッパ方面では夏頃に気候が良い場所が多く、東南アジア方面では冬が乾季になるので雨が少なくて過ごしやすいというのが主な理由なのではないかと思います。

ヨーロッパ方面にはカタールエアラインが良い感じ

毎年思うことは航空券は早めに決めた方が安いということです(セールや出発直前割引を除いて)。

短期間で安くヨーロッパ方面に行くのであればカタールエアラインがコストパフォーマンスに優れているというのが僕の結論です。

まず時間の設定がなかなか良いです。

東京の空港(成田・羽田)を夜中に出発する便があるので、仕事終わりから飛行機に乗って機内で寝れば時間を節約できます。

カタールエアラインのヨーロッパ方面のフライトは安い時には6万円前半からありますが、シーズン前になると同じ内容で10万円を超えてしまいます。

僕が航空券を取得した3月の後半時点で、東京とダブリンの往復が78,000円くらいでした。

3月の前半に予約を確定させていれば6万円台でしたが休みの許可を取ったりなんだり、もたもたしている間に値上がりをしてしまったという…。

航空券のキャンセルや変更というのもかなり高額ですし無駄な出費になるので避けたいところですが、予定が決まっているのであれば早めに飛行機を予約した方が安いです。

カタールエアラインがコスパが良いことは確かなのですが、カタールとサウジアラビアの外交問題もあり、今後どのように変わっていくかはわかりません。

この間僕が利用した時には何も変わった様子はありませんでしたが、乗り継ぎのドーハ空港がある中東周辺の情勢が悪くならないと良いなと出発前は少し心配しておりました。

僕は航空券を調べるのにスカイスキャナーを使っております。

仕事終わりに羽田からアイルランドへ出発

羽田空港では七夕のイベントをやっていました。

2階に上がったところの通路は季節ごとに変化があって空港の利用客の目を楽しませてくれます。

出発まで時間があるのでシャワーを浴びて、つるとんたんで鍋焼きうどんを食べてからチェックインを済ませます。

去年の夏はスペインのアンダルシアに向けてほぼ同じパターンで出発しました。

時間が経つのはホントあっという間です。

金曜日の仕事終わりに飛行機へ乗ってスペインに行く

2016.10.11

ドーハまでの飛行機の上空で窓ガラスに氷の結晶が張り付いて、それを朝日が照らしています。

この巨大なクマのぬいぐるみを見るとドーハに来たんだなという感じがします。

ドーハからダブリンへ向かいます。

無駄に機内食を撮影してみたり…。

今回もノイズキャンセリングヘッドフォンを持って行きました。

ノイズキャンセリングヘッドフォンは僕にとっての必需品で、これを使用すればノイズだらけの環境での作業や睡眠の効率が上がりますし、個人的にその効果を十分に実感しています。

SONY ワイヤレスヘッドホン ノイズキャンセリング MDR-1000X レビュー

2017.01.07

アイルランドの天気は曇り空のことが多く着陸する時も分厚い雲に覆われていました。

ここはどんな街なのだろうかと上空から見下ろした景色と自分の今までの経験を照らし合わせながら期待が膨らみます。

今回のフライトは東京の羽田空港を木曜日の夜中に出発して、ダブリン空港に金曜日の14時くらいに到着しました。

時差の関係でめっちゃ得した気分ですが、帰りに時差が戻るので実際そうでもないようです。

ただこの時間に到着できるということはかなりのメリットで、体力と気力が余っていれば観光や移動に時間を費やすことができるのです。

僕はここからバスで3時間かけてゴールウェイという街まで一気に移動したので、アイルランドの旅行記はゴールウェイから始めたいと思います。

この記事で使用した写真はトップ画も含めて全てiPhone7で撮影してライトルームモバイルで現像したものになります。

iPhone7で手軽にきれいな写真を撮るならライトルームモバイルを使うのがおすすめ!

2017.03.10

飛行機の移動で一眼レフを外に出して管理するのが面倒だったので、記録用の写真ならiPhone7でいいかなとそうしてみました。

光量が少ない環境なのでISO感度が上がってしまい画像のノイズが目立つのですが記録用としてはまずまず良い感じだと思います。

今回はこの辺で失礼します。

つづく。

スポンサードリンク

/td>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.