Be Thou My Vision を演奏してみた。(Logic Pro Xにて編集)

以前にも演奏動画をアップしたことがある曲なのですがLogic Pro Xの使い方を少しずつ覚えてきたので、改めてレコーディングして編集してみました。

以前にアップした動画は一眼レフに外付けするビデオ用のマイクで録音して、Windowsに内蔵されている動画編集ソフトで音を作りました。

そのため音楽に特化したツールではないのでノイズや音質の劣化が目立ちます。

アイルランド民謡のBe Thou My VIsionを弾いてみた。

2016年7月22日

今回はRODE NT5(コンデンサーマイク)2本をTASCAM UH-7000に接続してLogic Pro Xという音楽編集に特化したツールを使用しているので音質は無駄に良いです!(演奏はアレですが…)

Logic Pro Xやコンデンサーマイクの音質に興味がある方はヘッドフォンで音を聴いてみてくださいませ。

Logic Pro Xには優秀なエフェクトがいくつも内蔵されているので、この内容で約2万円というのは超バーゲンプライスです。

この内容でCubaseやSonarシリーズなら10万円近くするのですが、Macユーザーの特権ということでLogic Pro Xがこの価格で使用できるのです。

高い授業料を払ってWindowsからMacBook Proに乗り換えましたが、この点だけ見ても正解だったなと思います(MacBook Proのメリットはまだまだありますよ!)。

MacBook Pro 2016年モデルを買った話

2017年5月26日

MacとWindowsのパソコンの買取価格の減少率について考えてみる

2017年3月29日

もう少しレコーディングを重ねて、ソロギターの録音についての記事もまとめていきたいと思っております(いつになることやら…)。

ではまた!

スポンサードリンク

/td>

Twitter でフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

Nikon D750で撮影した写真、旅行の記事、道具のレビューを中心にブログを書いてます!