海外旅行節約術!

海外旅行は楽しい反面、一撃必殺のごとく財布から諭吉さんが消えていくという問題があります。

財布へのダメージが強すぎて自由に使えるお金なくなると旅に出られませんので、バックパッカーの選手生命が終了しないようにやっていきたいものです。

しかしながら、出費を恐れて何もしないという選択は何も生み出さないのでそれも避けたいところ。

そこで今回は僕が旅行で意識している節約術について書いてみたいと思います!

僕が実践する海外旅行節約術!

航空券は買うタイミングと旅行の時期が大事!

ここの出費が一番大きいので慎重にいきましょう。

僕はスカイスキャナーを使って航空券を検索するのですが、航空券の購入のタイミングや旅行の時期によって値段が大幅に異なります。

LCCで格安海外旅行!国内旅行より海外に行く方がも安いかも!?

2018年7月22日

僕が航空券を購入する時に意識しているのは以下3点です。

1、お盆、ゴールデンウィーク、年末年始を避ける

2、出発の6ヶ月以上前に購入する

3、早朝、深夜、経由便、LCCなどを選択する

この3点の条件を意識して航空券を探すとピークシーズンより数万円安い便が見つけられると思います。

逆に言うと一番高価なパターンは、遠くの場所(ヨーロッパ、アメリカ、南米など)、ピークシーズン、日中発、直行便という条件の航空券です。

ツアーで行くと航空券の選択肢がありませんので、高い金額に拍車をかけているのだろうと思うのです。

僕はお盆の時期を外した夏休みを利用してヨーロッパ方面(トルコ、スペイン、アイルランド、イタリアなど)に行きましたが、往復航空券(ドーハや中国経由便)の価格は安くて6万円後半で高くても8万円後半くらいでした。

これがピークシーズンの直行便になると20万円に近い金額になるのです。

僕は年末年始の休みは動かせないので仕方なく高い航空券を購入していますが、これも早めに買っておくと数万円安く見つけることができます。

航空券の購入はクレジットカード決済にすることで、クレジットカードについている海外旅行保険が無料で使えるようになります(利用付帯保険というやつですね)。

こちらも海外旅行の保険料を安く済ませる有効な節約手段です。

マイレージプログラムを上手く使えば航空券の値段をもっと節約できるようですが、僕はあまり詳しくないので興味があれば検索してみてください。

ホテルはドミトリーか民泊!

僕は旅行の目的に応じてbooking .comかAirbnbを駆使して安い宿泊先を探すようにしています。

ドミトリーという一部屋に複数人で宿泊するタイプの宿を選ぶと宿泊料金がぐっと抑えられますが、ラグジュアリーやリラックスとは程遠い空間です。

僕の旅先の宿についての考えは、一人で泊まるのであればベッドがあってシャワーがあれば特にこだわらないと割り切っています(ある程度の清潔感は大事ですが)。

個室を選択するにしてもシャワーやトイレを共同使用にすることで宿泊費が安くなります(安宿は必然的にそうなる)。

民泊はbooking .comに比べて事前のやりとりが面倒ですし、個人宅に行ってホストと会話しなければならないというそれなりのプレッシャーがあります(それが刺激的で楽しみでもあるのですが…)。

僕はbooking .comで良い宿泊先が見つからない時にAirbnbを活用するようにしています。

宿泊料金の目安としてドミトリーで東南アジアであれば1,000円前後、ヨーロッパ圏であれば2,000円前後だと思います。

ドミトリーは荷物の盗難のリスクがあるので、カバンに鍵がかかるようにしておくのがベターです。

女性専用のドミトリーもありますので、女性の方はそちらの方に宿泊した方が安心だと思います。

ドミトリーの売りはなんといっても安さなので、多少のトラブルや設備の不備などには目をつむるという心構えで行った方が良いかもしれませんね。

食事はスーパーマーケットを活用する!

ヨーロッパで外食すると平気な顔して2,000円を超えてくることがあります。

毎回そんな食事をしていたら財布がしにます。

もう一度言います。

財布がしにます。

ということでヨーロッパで食費を節約するのであればスーパーマーケットで食料品を調達するのが良いと思います。

外食が高いヨーロッパであれば、僕がこの国で絶対に食べたいと思う料理以外はスーパーマーケットやファストフード店を活用することが多いです。

さらに言いますとヨーロッパは値段に対して食事があまり美味しくないと思うこと、一人でそれなりのレストランで食事をするのはなんとなく嫌ということ、そもそも旅先ではアウトドアウエアが基本でそれなりのレストランに入らないということもあり、そのような食事スタイルになることが多いのです。

東南アジアの食事に関しては、ツーリスト向けのレストランを避ければ安く食事を済ませることができます(衛生環境を見極める必要がありますが)。

東南アジアであれば外食はそこまで高くなく、ローカルなレストランで一食100〜300円くらいだと思います。

僕の節約の例外はビールです。

旅先での楽しみは人それぞれですから…。笑

節約旅行とは…?

僕が実践している節約方法に書いてきましたが如何でしょうか。

こいつは修行のような旅をしているのか…と思われた方もいると思います。

僕の節約旅行の考えとしては、基本的に写真のための旅行なので他の部分はある程度削っても良いということ。

持続可能な海外旅行と写真撮影のために、直行便や高級ホテルや高級レストランの食事が本当に必要であるのかを考えて今のスタイルに行き着きました。

あまり節約について堅苦しく考えすぎず、時には快適さをお金で買うということも必要かもしれません。

その辺は目的や気分に応じて臨機応変にやっていければと思っています。

なにかの参考になれば幸いです。

皆様も良い旅を!



スポンサードリンク

/td>

Twitter でフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください