USB充電ケーブルを無駄にしないアイデア!

皆さんが持っている電子機器に必要なUSB端子の種類はいくでしょうか?

僕はしばらく前にこれからの時代はUSB-Cだと決意して全ての電子機器をUSB-Cにしようと思ったのですが、出てくるガジェットがそうならないのでなかなか計画が進みません。

最近ではもう諦めモードで現在はUSB-C、microUSB、Lightningの3種類のUSB規格を使い分けることになっています。

USB端子ごとにケーブルを買い換えていたらお金と資源がもったいないし、複数のケーブルが常に視界にあるのは不快なので、僕はUSB-CケーブルにmicroUSB、Lightning変換端子を使うようにしています。

USB-Cだと充電のスピードやデータ転送が高速なので、今後はUSB-C規格で統一していってくれないかなぁというのが僕の要望です。

iPhoneとAirPodsがLightningをやめてくれない

僕が使用しているデジタルデバイスはほとんどAppleなのですが、iPhoneとAirPodsProの充電にはいまだにLightningケーブルが必要です(MacBook ProとiPad ProはUSB-Cなのになぜだ…泣)。

最近出たAirPodsProはとても気に入っているアイテムなのですが、本体を取り出して充電端子がLightningケーブルだった時に色々と悟って諦めました。

AirPodsをAirPods Proに買い換えたら世界が変わった話

2019年12月8日

こりゃ次回のiPhoneもLightning仕様の可能性があるな…。

そしてこれからAirPodsProの充電を管理していかないといけないのでLightningケーブルと縁を切ることができなくなりました。

アンカーのモバイルバッテリー

わりと前にAmazonのセールで購入したアンカーのモバイルバッテリーたちです。

新しいモデルはUSB-C規格を採用しており買い替えを検討したこともあるのですが、モバイルバッテリーの性能に関して不満があるわけではないのでそのまま使うことにしています。

僕が所有しているアンカーのモバイルバッテリーはmicroUSB規格なので、microUSBの先端に変換端子を噛ませてLightningとUSB-Cを使い分けるようにしています。

microUSBケーブルでも端子を変えればiPhone7やiPad Proも問題なく充電できます。

新しいモデルのモバイルバッテリーは充電が高速になっているようですが、使用頻度も高くないし現在のもので良いかなと思っています。

モバイルバッテリーの使い分けとして小さい方は日帰り〜一泊のお出かけ用、大きい方は数日以上の旅行用という感じで使い分けております。

ケーブル資源を有効に使う

USB-Cケーブルを基本にして変換端子を使うようにすると写真のようにこんな感じになります。

一昔前の女子高生たちが持っていたストラップだらけのガラケーを思わせるような様相になりつつありますが、ケーブルを常に複数本並べておくよりもデスク周りがすっきりした印象になりました。

USBケーブルを3数種類持っていくよりも一本のUSB-Cケーブルに変換端子を使用した方が旅行に持っていく時に荷物をわずかに少なくできます。

ワイヤレス充電が本格的に普及したら充電ケーブルは必要なくなると思いますが、しばらくそうなる気配もないので僕はチマチマと変換端子を付け替えながらUSBケーブルを管理しています。

最近では欧州議会で充電ケーブルの規格統一について話し合われたそうなので、USBケーブルの規格が統一されたら管理が楽で良いなと思います。

スポンサードリンク

/td>

Twitter でフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください