僕がイランに行く理由!

2019年12月末〜2020年1月始めにかけてイランを旅してきましたので、その旅行記を書き始めたいと思います。

もうとっくに帰国しているのですが、ブログの更新スピードが遅いのでこのような結果になっておりすみません。

旅行記を書き始める前の旅する理由についてから書き始めたいと思います。

Twitterで旅の振り返りのような写真を投稿することがありますので、そちらの方もよろしくお願いします!

イスラム建築がかっこいい!

僕は以前にトルコやスペインなどでイスラム建築を見たことがあるのですが、とても感動したことを覚えています。

シンメトリー構造と幾何学模様の組み合わせ、灼熱砂漠に囲まれていても安らげる中庭のデザインなどをもっと間近で体験したいなと思っていました。

イスラム教では偶像崇拝が禁止されているのでアッラーの像や絵を掲げることは厳しく禁じられています。

その影響もあってかイスラム建築の完璧なシンメトリー構造や幾何学模様の調和などには神と対話する役割があるようです。

そんなイスラム建築をたくさん体験することが今回の旅の目的の一つです。

世界の美しいモスク/深見奈緒子

優先度の高い旅先!

イランは核開発やテロ支援などの疑いがあるため主要な先進国から経済制裁を受けています。

この問題の着地のさせ方によっては情勢が大きく変わってしまうので、イランは行ける時に行かないと二度と行くことができなくなってしまう国だと思います。

実際に僕が旅している期間中にソレイマニ司令官がアメリカ軍によって暗殺されて不穏な雰囲気になりました。

幸いにも戦争には発展しませんでしたが、これで「もしも」が起きたら二度とイランに旅することはできなかったでしょう(アメリカのトランプ大統領はイランの文化財を含めて攻撃する準備があると発言していましたが本当にひどい話だと思います)。

なので行ける時に行ってきます。

色々なリスクよりも好奇心が勝った!

正直に言ってイランを旅することはとても面倒です(それ以上に楽しいですが)。

イラン国内の情報はほとんどないし、クレジットカードが使えないのでホテルや移動手段の予約ができないし、イランの地球の歩き方は年々ページが薄くなってるし、イラン渡航後はアメリカに入国できなくなるし、航空券だって全然安くないし、色々な人になぜ危険なイランに行くのか何度も聞かれる(心配してくれる気持ちは嬉しいのですが…)などなど…。

なのにイランを旅したいと思ったのは、それ以上にイランに対する好奇心があったからです。

旅先で知り合った友人などにイランのことを聞くと建築以上にイランの人々が素晴らしいと言います。

世間の人々が抱くイランのイメージは危険。

実際に訪れた旅人が言うイランの感想は素晴らしい国。

その両者には圧倒的にギャップがあります。

この辺りのことも興味深いなと思ったので実際に行ってみることにしました!

「中東」の世界史 [ 臼杵陽 ]

スポンサードリンク

/td>

Twitter でフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

Nikon Z6で撮影した写真、旅行の記事、道具のレビューを中心にブログを書いてます!