通勤中の読書は耳から聴くのがおすすめ!Amazonオーディブルの紹介!

オーディブルは月々1,500円で本が聴ける画期的なサービスで僕は1年ほど前から利用しています。

サービス開始当初はタイトルが少なくて値段相応の価値を感じなかったのですが、最近では魅力的なタイトルが増えてきたのでブログでも少し紹介してみたいと思いました。

車通勤なら特におすすめ!

僕がオーディブルを導入したきっかけは車通勤でも本が読みたいという想いからでした。

車を運転していると両手がハンドルでふさがっていますし、脇見運転をしてると事故につながるので本を読むことは不可能です。

でもオーディブルがあれば耳から本を聴くことができます。

本を朗読してくれている人たちはちゃんとしたプロの方々なので、自分で本を読む以上に内容が入ってくる場合もあったりして(残念ながら朗読が微妙な人もいますが…)、通勤の車では常にオーディブルを聴くようになりました。

もちろん電車で移動するときにもオーディブルの恩恵を感じることはあります。

満員電車や乗り換え移動で小さな本でも邪魔に思う場面がありますし、手が塞がっている場合でもオーディブルなら読書と同じ体験ができます。

最近ではコンパクトで高性能なイヤホンやヘッドフォンが出てきています。

イヤホンにノイズキャンセリングの機能があるとより本の内容に集中することができると思います。

ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM3 レビュー

2020年1月31日

AirPodsをAirPods Proに買い換えたら世界が変わった話

2019年12月8日

オーディブルの基本

月々1,500円で一つのコインがもらえますので、コインとオーディブルのタイトルを交換することができます。

オーディブルは購入するまでタイトルの内容がわからないし朗読の好みの問題もあるので、タイトルの返品がわりと柔軟に認められています。

そのため気に入らなかったものはメールで簡単に返品できてコインを回収することが可能です。

この制度を悪用すれば1コインでたくさんの本を聴くことができますが、あまりに返品がひどいとAmazonから警告がくるようなので良識の範囲内で利用しましょう。

僕は本当に手元に残したいと思ったタイトル以外は返品しています。

僕は月に1コインを使って2〜3タイトルを返品することが多いですが、今のところ何のお咎めもないのでこの利用スタイルで問題ないと思っています。

オーディブルの初期は聴き放題のサービスとして開始されたのですが、いつの間にかコイン制度が導入されて聴き放題という謳い文句はなくなりました。

容赦ない方向転換がAmazonらしいといえばそうですけど、ユーザーからしたらサービスの改悪なのでKindle unlimitedのような使い勝手にして欲しいなと思っています。

もともとが聴き放題のサービスとして始まったサービスなのでオーディブルのタイトルをガンガン返品する人の気持ちもわからなくはないのです。

おすすめタイトル

僕が選ぶ独断と偏見によりオーディブルのタイトルをご紹介します。

まずは全世界で1200万部売れたユヴァル・ノア・ハラリのベストセラー「サピエンス全史」です。

紙の本で購入すると上下巻合わせて4,000円前後になりますので、これがオーディブルで聴けるのはお得感があります。

嬉しいことにオーディブルでユヴァル・ノア・ハラリの本が全て聴けるようになっているので、これだけでも無料トライアルで聴く価値があります。

お次は池井戸潤の「空飛ぶタイヤ」です。

値段的には本を購入して読んだ方が安いのですが、高川裕也のナレーションがとても良くて思わずウルッとくるシーンもありました。

僕の場合は車通勤の合間に聴いていますで、コストよりも手軽さやナレーターが良かったりするのでオーディブルの方を購入しています。

池井戸潤のタイトルはかなり充実していますね。

お次は「嫌われる勇気」です。

アドラー心理学について書かれたもので、続編の「幸せになる勇気」と合わせると世界で600万部も売れています。

哲人と若者の対話形式で物語が進んでいくのですが、こちらもナレーターの方々(てらそままさき、金野潤)が優秀でストーリーに引き込まれます。

情報過多の現代社会で良い精神状態を保ちながら生きていく方法として、アドラー心理学の考え方はかなり役に立つのではないかと思いました。

最後に「ファクトフルネス」をご紹介します。

こちらもビリビリとした知的刺激に溢れた本です。

世界の社会問題に関して如何に思い込みで過ごしていることが多かったのかを思い知らされました。

なぜ思い込みが起きてしまうのか、これからどのようにしたら良いのかまでのフォローも書かれていますので、たいへんためになる本でした。

僕は紙の本も持っているのですが、通勤中にもう一度聴いてみたいと思ったので購入しています。

まとめ

ざっくりとAmazonオーディブルについて紹介しました。

紹介したタイトルを見返して本屋のトップに並ぶようなド定番だなと思いました。笑

まだオーディブルの利用者が少ないので定番のタイトルを中心に拡充しているという側面もあると思いますが、みんなが読みたいと思うようなタイトルを中心に品揃えが充実してきているともいえます。

ここでは紹介できませんでしたが最近ノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロのタイトルの追加も早かったので、最近はかなりトレンドを追ったタイトルの補充をしてくれているなという印象です。

この内容で月々1,500円であれば十分に元が取れる内容なので、とりあえず2ヶ月の無料トライアルからはじめてみるのが良いのではないでしょうか!

以上、Amazonオーディブルの紹介でした!

スポンサードリンク

/td>

Twitter でフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

Nikon Z6で撮影した写真、旅行の記事、道具のレビューを中心にブログを書いてます!