キャンプで米を炊くならトランギアのメスティン!

最近はキャンプにも手を出しはじめたのですが、普段使っている道具の中でメスティンがトップクラスでお気に入りです。

メスティンを使えば白いご飯が美味しく簡単に炊けます。

そこにご飯がすすむ缶詰があればかなり高い満足感の食事ができるのです。

今回はそんなメスティンのご紹介です。

外観

まずはメスティンの外観から見ていきましょう。

メスティンには普通とラージの二種類のサイズがあります。

比較は以下の通りです。

メスティン(TR-210)ラージメスティン(TR-209)
寸法17×9.5×6.2cm20.7×13.5×7cm
重さ150g270g
容量750ml1350ml
炊飯の目安1.8合3.5合
定価¥1,600(税抜)¥2,500(税抜)

最初は普通のメスティンを買って使っていましたが、あまりにも気に入ってしまったのでラージメスティンも追加しました。

メスティンは買った後にやすりでバリとりの作業をすると良いと書かれていることが多いですが、僕の場合は特にバリとりをしなくても問題なく使えています。

メスティンの淵を指でなぞってみて指を切りそうな危険性があったり、蓋の開閉がスムースにいかない時にはバリとりが必要だと思います。

ラージメスティンくらいのサイズになってくるとグールプキャンプでの炊飯や、ソロキャンプで鍋やすき焼きなんかをやる時に使い勝手が良さそうな大きさだと思います。

焚き火で使用するとどうしても煤がついて黒くなりますが、それをステンレスたわしで擦ると渋くてかっこいい見た目になります。

ラージメスティンは家で試しに使っただけなので実践投入が楽しみです。

いい感じの専用ケースなんかも売られていてホイホイと買わされてしまうのです。

takayuki

気づいたら二個になっていた…!?

頑丈なので焚き火にぶち込んでもOK

メスティンの何がそんなに良いかというと、ご飯を炊くという作業が簡単にできるからなのです。

焚き火の中に放り込んでも壊れずにちゃんとご飯が炊けます。

上の写真よりはもう少し弱火が望ましいですが、焦げないように横に移動させたりしていればこれでも問題ありませんでした。

このハンドルは両サイドを引っ張れば外れるようになっているので、洗うときや焚き火の中に放り込む時に好みで外せます。

ちなみにハンドルのゴムも外れるようになっています。

ハンドルのゴムは焚き火に当てると溶けてしまうので、焚き火メインで使うのであれば外しておいた方が良いと思います。

takayuki

こうやって細かくパーツを外せるところもメスティンの良いところですね!

使い方は簡単!

メスティンで炊飯する時のコツは、米を浸水すること、弱火で加熱することの2点です。

普通サイズのメスティンです。

まずは米を浸水させるところからです。

大体10〜20分くらい浸水させてから火にかけるようにしています。

米1合炊だとメスティン内部のポッチまで水を入れればちょうど良い加減の炊き上がり具合になります。

あとは蒸気の出方や匂いで火から下ろすタイミングを判断します。

僕の場合はメスティンの淵から出る蒸気が少なくなって、少し焦げた匂いがしてきたら火から下ろすようにして、そこから10〜20分ほど蒸らします。

缶詰を混ぜて炊いても、後からのせても、それはお好みでOK。

缶詰はちょっと良いやつを買うと満足感が高いです。

缶詰じゃなくてスーパーの惣菜や刺身、お店のテイクアウトのおかずをのっけても間違いのない美味しさです。

ご飯1合はわりとがっつりと白米を食べたなぁという感じがするので、小食の方や女性の方はご飯と水の量を調整して炊くと良いと思います。

ハンドルがついているのでおかずをのっけたらそのまま持って食べることができます。

メスティン専用の料理本も出ているので参考にしてみると良いと思います。

どこで買うべきか

トランギアのメスティンはとても人気がある商品なので残念なことに転売の対象になりやすいです。

製造元もスウェーデンの小規模な工場なので大量に作ることが難しいようです。

定価からかけ離れた値段で売られている場合には転売目的なので、できればその業者や個人からは買わないようにしましょう。

転売ヤーが稼いでいるお金は本来であれば製造した企業や正規販売店が得るはずの利益です。

実店舗がある有名どころだとモンベルなどが取り扱っているので、たまに入荷していることがあるので欲しい方はマメにチェックしてみてください。

トランギアのメスティンは暖かくなってからだとすぐに売れてしまうかもしれないので、冬の時期に確保しておくというのはありだと思います。

まとめ

料理の写真が缶詰と惣菜しかなくて申し訳ないのですが、これでキャンプ飯が成立してしまうのがメスティンの力なのです。

とりあえず白いご飯が簡単に美味しく炊ければ後はなんとかなります。

僕はキャンプ場での昼食にメスティンでご飯を炊くことが多いのですが、下準備がほとんど必要なく簡単に美味しい昼食ができるので満足しています。

バーナーはCB缶とOD缶の二種類持っていると快適という話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です