コーヒーミルの種類と違いについて

なんだかいつの間にか増えていったコーヒーミルですが、それぞれの違いについて書いてみたいと思います。

コーヒーミルなんて豆が挽ければどれも一緒でしょと最初は思っていましたが、それぞれの種類で一長一短があることに気づきました。

ポーレックス セラミック コーヒーミル ミニ

僕がまず最初に購入したのがポーレックスのセラミックミルでした。

セラミックミルの割には少々価格が高いように思いますが外装のステンレスの質感が良く、コンパクトに収納できるのでアウトドアシーンでも活躍します。

こちらのミルはコニカルカッター(臼歯式)に分類されます。

コニカルカッターは回転する歯ですり潰すようようにして豆を粉砕します。

コニカルカッターのセラミックミルは摩擦熱が発生しやすいというデメリットがあるので、手動ミルはなるべくゆっくり回すとコーヒー豆の味を損なわずに良いとされています。

摩擦熱で豆の断面が高温になると味が抜けてしまうことがあるようです。

あとのデメリットとしては分解清掃がやや面倒なこと、豆の挽き具合が目視でしかわからないということだと思います。

写真のプラスチックのネジを最後まで緩めれば分解することができますが、どこまで閉めればどれくらいの細かさになるというのがイマイチわかりにくいです。

デメリットも多いセラミックミルですが価格も手頃でコンパクトで持ち運べるものが多いので、多くのユーザーにとっての最適解になるのではないかと思います。

takayuki

こんな感じでキャンプや登山の時にコーヒーを飲むのもなかなか良いものです。

カリタ コーヒーミル ダイヤミル

なんかカッコいい見た目のミルがあると思って買ってみたのがカリタのダイヤミルです。

このミルは重量が3.54kgもあるので自宅で据え置きで使います。

この大きな車輪を見てもっと楽に豆が挽けるようになるのでは思って買ったのですがポーレックスとあまり変わらない感じでした…。

しかし、カリタのダイヤミルには良いところもあってミルが鋼鉄製なのです。

こちらもコニカルカッター(臼歯式に)に分類されるようですが、豆を鋼鉄で砕くような機構になっているのでセラミックよりは摩擦熱の影響を受けにくいと思いました。

実際にポーレックスからカリタのダイヤミルに変更した時にコーヒーの味が変わったことに気づてしまったので後に電動ミルをお迎えすることになります。

セラミックミルはゆっくり回すのが良いといいますけれど、やっぱり時間のない朝にコーヒーを飲む時にはそりゃ全速力で回しますよ?笑

こちらのダイヤミルは早く回してもスカスカの手応えで豆を挽くのも遅いですが、その分摩擦熱の影響が軽減されているように思います。

ダイヤミルのデメリットとしては本体の分解清掃に手間がかかること、受け皿が木製なので水洗いが難しいことだと思います。

あとはこちらのダイヤミルも挽き具合が具体的な数値ではわかりませんし、豆を砕くような機構なので粉砕された豆の大きさのばらつきが割と大きいです。

デメリットも色々とありますがこのクラシカルな外観は最高です。

takayuki

まさに趣味のアイテムといった感じですね!

フジローヤル みるっこ

僕が持っている手動ミルのデメリットを全て解消してくれるのがこのフジローヤルのみるっこでした。

これなら摩擦熱の影響が少なく一瞬で豆を粉砕することが可能です。

こちらはフラットカッターといわれる形式に分類されて豆を切るように粉砕することができます。

セラミックミルに多いコニカルカッター形式のものに比べると摩擦熱の影響が少ないですが微粉がやや多く出るようになります。

簡単に分解できるので歯の掃除もそれほど苦ではありません。

ダイヤルで豆の挽き具合を細く調整できる点も良いです。

こいつを導入してコーヒーミルに不満を感じることはなくなりましたが、デメリットとしては価格が高いことと重くて場所をとることにあると思います。

毎日豆を挽いて生涯にわたってコーヒー飲み続けると悟ったのならば買って損することはないと思いますが、たまの週末にコーヒーを飲むくらいであれば他の手頃なミルで良いかもしれません。

takayuki

みるっこのレビューは別で書いたのでよろしければ下のリンクからどうぞ。

どれも一長一短

なにごともそうですけれど一個あれば全てまかなえるという上手い話は中々あるものではありませんね。

それぞれのミルを一言でまとめていくと…、

手頃な価格でキャンプから日常までカバーできるポーレックス、

インテリアと挽き味重視のカリタのダイヤミル、

自宅でもお店のコーヒーの味と快適さの両立を目指すフジローヤルのみるっこ、

といった感じになるかと思います。

用途に合わせて適切なミルを選んでコーヒーを楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です